読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パッカーマンジャーナル

文章力がほしくて始めたブログです。

ウォ〜〜〜シッッゲッダウォラニガマザファッキンブーレッファイアワークウォォォ〜〜〜〜

おはようございます。

タイトルで分かった方もいらっしゃるとは思いますが、今回は専門学校の特待生入学試験のお話しをします。音楽関係のお話しをしようと思ったのですがこっちの話題の方がタイムリー感あるので先にお話しします。

2月18日に、僕が通う予定である保育の専門学校の特待生試験がありました。なんだそれと思う方に説明すると、学校によってそれぞれ変わってきますが一般入学とは別の試験を設けており、それに合格するとシールが貰えて20枚集めるとムーミンのトートバッグと交換することが出来ます。まあ半分嘘ですが、ハッピー!な点は同じなのでほとんど合ってます。

実は僕は特待生試験を受けるのはこれが初めてではなくて、語学の専門学校へ入学する際に受けています。その時の試験内容は英語のテストとグループ面接でした。英語のテストはモロ「いざお前の力を試さん!」みたいな感じで簡単な問題から始まり終盤は激ムズだらけになってて、ポケモンゲームの四天王に勝った後に間髪入れずにチャンピオンと闘う時のヤバさがありました。ただまあ前述の通り英語は好きだったのでまずまずの出来でした。

一方グループ面接はというと僕の持ち味でもある、

【とくせい】マイペース/ こんらん じょうたいに ならない

が発動し、面接官からの『試験は難しかったですか?よく出来たと思いますか?』という質問に、大して素晴らしくもない出来のくせに『はい!』とご立派な返事をしてました。

結果としては、ありがたく特待生にさせて頂いて、入学金一部免除とラスカルのお皿を貰えました。半分嘘です。今考えるとあの根拠のない自信を見せたことによって同情枠か何かで受かったのではないかと本気で思ってます。

 

ただ、今回受けた特待生試験はそんな甘くはなかったです。試験内容はグループ面接のみでしたがとにかく他の受験生がすごかった。再進学希望者が多いだけあって、すでにどこかしらの何かしらで何年間か働いてる方がいたり、大学を出てからここへ入り直したい人がいたり、専門卒といえど一年制のため書類上の高卒である僕はハリケーンに巻き込まれたコロッケパンみたいな心境でした。

f:id:K3NTAUR0SU:20170224183610j:image

写真は、ハリケーンに巻き込まれてない大きなメンチカツパンです。

何が凄いって受け答えがしっかりしすぎてて、僕も準備してきたつもりでしたがその差は歴然。ツライ。

僕は何かしらの勝負事、例えば高校野球の大会やこういう試験の前とかそこへ向かう間中は決まって Jason Derulo の Undefeated Jason Derulo - Undefeated (Lyrics) - YouTube

をかけていたのですが、この日もずっとリピートして聞いて来てました。ただ試験が始まってみれば Undefeated どころかフルボッコな僕は逆に心に余裕が出来てきてなんだか楽しくなって後半は特に笑顔でした。脳内ではこの曲に加えて、駅から学校への道中にビックカメラがあった影響か、「ビ〜〜ックビックビックビックカメラ!」が頭から離れませんでした。全然関係ないですけどあのCMソングのペットかなんかが無駄にかっこよく遊んでますよね。けっこう好きです。

先日結果が届きました。

「残念ながら特待生の選考には不合格となりました。」

えぇ、えぇ。存じ上げている次第でございます。ということで特待生にはなれませんでした。というお話しでした。

 

ちなみに今回のブログのタイトルの元ネタが分からない方にこちらも貼っておきます。

 Motherfuckin' Bootleg Fireworks (Funny Subtitle Version) - YouTube

 

なんて内容の薄いブログなのかしら zzZ

次回はたぶん音楽系のお話しをするかもしれません。

 

シーユー!

f:id:K3NTAUR0SU:20170224193128j:image

 

❄️追記❄️

少々誤解を生んでしまったかもしれないので説明させていただきます。

文中で「不合格」と書かれてありますが、4月から通う学校へは「入学」は決定しております!特待生選考に落ちただけです!

マジ自分の語彙力が死にたい。